Win坊のパソコン用語辞典

アクセスカウンタ

zoom RSS ムービーメーカーの使い方・その3(効果の使い方)

<<   作成日時 : 2014/11/21 06:18   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

ムービーメーカーは、静止画と動画を組み合わせた動画も作れます。これらに効果を加えて、楽しい動画を作れます。
これまで2回の説明を載せましたが、今回は主に効果を加える方法を説明します。過去の投稿は、一回目二回目をクリックして参照してください。

●静止画と動画を読み込ませる

やり方は同じです。読み込ませた後で、ドラッグして順番を入れ替えることもできます。必要な静止画・動画をすべてタイムラインに読み込ませましょう。

003

静止画は7秒間の表示になっていますが、時間は後で変更できます。

●キャプションを入れる

それぞれに、説明の文字・キャプションを入れます。入れたい場所をクリックしてから、キャプションボタンをクリックします。

005

キャプションは、タイトル(開始時)クレジット(終了時)とことなり、画像に重なって表示されます。

位置や、文字サイズ・色など変更できます。表示時間も、秒単位で選べます。

004

メニューが二段表示になっているので、見つからない場合は「テキストツール」をクリックして表示させます。
文字自体の効果も、特殊効果から選べます。

●移動および拡大の選択

ビデオツールをクリックすると、画像の表示効果を設定できます。右側の移動および拡大は、主に静止画に適用し動画のように動きを付けられます
このメニューも、表示されていない場合は、二段メニューを、ビデオツールに切り替えます。サンプルが3つしか表示されませんが、スライドバーをクリックすると、他の効果も選べます。

006

●切り替え効果の選択

切り替え効果は、その画像と次の画像に重なった効果です。ビデオツールの左側にサンプルが並びますが、ここもスライドバーをクリックするとさらに多くの効果の中から選べます。

静止画と動画にまたがって切り替え効果を付けることもできます。一つ一つ設定するのが面倒なら、「すべてに適用」をクリックすれば、選んだ効果がすべての切り替えに適用されます。

007

●音楽の追加

009

音楽の追加ボタンをクリックし、PCから音楽を追加を選んで、パソコンに保存してある音楽ファイルを選びます。オンラインでネットから挿入するメニューもありますが、基本的には有料です。著作権が気になる場合は、ネットから購入した音楽を入れることもできます。

●音楽ツールメニュー

音楽を入れた場合、二段メニューに音楽ツールが現れます。これをクリックすると、音楽ツールメニューが開きます。

010

もっともよく使うものは、フェードアウトです。大体、音楽の方が長くなり、動画の終わりで「プツッ」と切れてしまうのを防ぐ効果です。どうせなら、「遅い」を選んでフェードアウトさせます。

音楽の開始位置を変更することもできます。一段目の「プロジェクト」メニューを開くと、「音楽に合わせる」を選べます。
これは、静止画の表示時間を調整して、動画全体の長さを音楽に合わせるものです。

013

動画だけの場合は、この機能は使えません。

●プロジェクトの保存

出来上がった動画を保存した後、ムービーメーカーを終了する際に、プロジェクトの保存を聞いてきます。

スクリーンショット 2014-11-15 15.24.47

通常は、いいえで終わらせますが、はいを選ぶと保存場所と名前を聞いてきます。

スクリーンショット 2014-11-15 15.24.59

このwlmp拡張子のファイルを保存しておくと、効果などを再設定して作り直せます。

2014-11-15 15.25.54これを、Wクリックすると、ムービーメーカーが起動し、編集が再現できます。

一度mp4を作っても、もう一度効果を変更したものを作りたい場合や、mp4を保存する前に編集を中断して後で続きをする場合などにwlmp形式で保存しておきます。

再び編集する必要が無い場合は不要なファイルです。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ムービーメーカーの使い方・その3(効果の使い方) Win坊のパソコン用語辞典/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる