Win坊のパソコン用語辞典

アクセスカウンタ

zoom RSS ワードの常識(1)

<<   作成日時 : 2015/06/19 15:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

文字の設定・行の設定・段落の設定

w04書式の設定には、三段階あります。文字を選択すると、フォントサイズや文字の色を設定できます。行を選択すると、その行の配置を左寄せ・中央寄せ・右寄せなどに設定できます。行や段落の選択は、点滅カーソルがその行や段落のどこかにあればよく、文字のようにドラッグする必要はありません。

行の設定中の、「均等配置」を使えるようになると、この選択の意味が分かります。

タイトルを中央に配置した後で、タイトルの文字をドラッグで選択します。

このとき、右側の改行記号を外して選択します。左からドラッグすると、どうしても鍵矢印の改行マークが選択されてしまいますが、その状態で左に一文字分戻るのがコツです。

改行マークを一緒に選択したまま、均等配置をすると、行の中全体に均等配置されます。

文字を少し広げて均等配置するには、改行マークは選択してはいけません。

選択後に、均等配置ボタンをクリックすると、新しい文字列の幅を設定できます。この例の場合は、6文字あったものを、8文字分に広げる設定をしています。

 

ルーラーバーを表示して、インデントボタンを使う

wd ワード2010以降、標準では隠されている「ルーラーバー」を表示することが、ポイントです。

ワード文書では、スペースで段組みをしたり字下げをしたりしてはいけません。

スペースでごまかすと、後で問題が起きます。

表示メニューを開き、ルーラーバーにチェックを入れます。

何故、ワード95からあったルーラーバーが消えたのか?使い方が難しかったからです。

ルーラーバーの「右インデント」ボタンで、図を入れる場所を作り、「一行目のインデント」ボタンで、段落の字下げをします。

w01

図の挿入

挿入・図(画像)メニューで、図を挿入します。このときに、挿入した図に「文字列の折り返し」を「全面」という設定にします。標準では、図は文字と同じ行に挿入されますが、これだと文字を編集すると図も一緒に動いてレイアウトが崩れてしまいます。「全面」というのは、文字の上という意味で、どこにでも移動できる設定です。

w03

図を選択すると、上下左右と四隅にボタンが表示されます。これをドラッグして大きさを変更できますが、その場合は必ず四隅のボタンで行ってください。縦横比を変えずにサイズ変更できます。

スクリーンショット 2015-05-25 22.10.49


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ワードの常識(1) Win坊のパソコン用語辞典/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる