Win坊のパソコン用語辞典

アクセスカウンタ

zoom RSS ブログへ、iframeを貼り付ける

<<   作成日時 : 2016/09/27 13:09   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

iframeというのは、インターネットで見えるページを、そのまま自分のブログに埋め込むときに使います。
自分のページの中に、フレーム枠を作って、その中に別のページのデータを表示させるものです。youtubeの動画や、swayのスライドショーなど、そのページに飛んで見せるのではなく、自分のページに呼び出して表示できます。

これを使う注意点は、(1)<iframe で始まるタグは、埋め込みを許しているページのメニューで作ってもらうこと、それはタグコマンドなので、(2)1文字も間違えないように写すので「コピー・貼り付け」が必須だということ、更にこれを貼り付けるブログ編集ページは、(3)htmlソース専用のページに張り付けるということです。

1.タグを入手する
swayの場合、画面の右上の共有ボタンをクリックし、埋め込みコードの入手をクリック

2016-09-27 (3)

2016-09-27 (4)

別画面が開いて、コードが青く選択されています。これをコピーします。(ctrl+Cが確実)

このコードは、<iframeから始まり、/iframe>で終わる長いものです。

OneDriveの動画の場合、OneDriveをオンラインで表示します。エクスプローラーで、onedriveフォルダを右クリックします。

2016-09-27 (6)

ブラウザで開かれるので、必要なファイルを右クリックします。

2016-09-27 (8)

HTMLコードを生成を実行します。

2016-09-27 (9)

枠の中に、<iframeから始まるタグが生成されます。これをすべて選択してコピーします。

長すぎて、文字が複雑で、コピーするしかないのです。

少し見える文字で分かるものがあります。

それは、サイズです。width=”320” height=”180” というのが埋め込みサイズです。

縦横比を変えずに、これを大きくすれば、大きく埋め込まれます。

例えば、2倍にして640 360のように半角で書き換えても構いません。

タグが編集できるのは、ここだけです。

後の文字は、書き換えられません。

コピーしたタグは、見えません。

 

コピーしたタグを貼り付ける前にメモ帳を開いてここに張り付けると確実です。

2016-09-27 (5)

タグは改行しないで、長い一行になっています。横へスクロールして確認できますし、これをコピーして貼り付ければ安全です。

ブログ編集画面に貼り付けるには

bloggerの場合、作成ボタンとHTMLボタンを切り替えて表示します。

2016-09-27 (1)

2016-09-27 (2)

タグは、HTML画面の下に(元からあるタグの途中では絶対にダメです)、適当に改行を入れて貼り付けます。

OpenLiveWriterの場合は、ページの下にあるタブで切り替えます。

2016-09-27

Editのページは写真などが見えるページで、右端のソースを開いて、ここに張り付けます。同様に、もとからあるタグを壊さないように、貼り付けます。

*ソースを直接編集するのは、決して簡単なことではありません。不正なものを貼り付けたりすると、ページが壊れて表示できなくなります。よく理解したうえで実行してください。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ブログへ、iframeを貼り付ける Win坊のパソコン用語辞典/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる