Win坊のパソコン用語辞典

アクセスカウンタ

zoom RSS windows10の、3DBuilderを使ってみました

<<   作成日時 : 2017/03/14 13:20   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

Windows10の、3DBuilderを使ってみました。更新されていて、新しく追加されたものもあります。使うと自動更新されるので、最新版で使ってみてください。

msohtmlclipclip_image001

起動すると、サンプルが表示されます。トロフィー部品を開きます。

msohtmlclipclip_image002

ここにある部品を組み合わせて、作れます。

msohtmlclipclip_image003

下の台を選び、これに上のサッカーボールを乗せようと思います。まず台をWクリックします。

msohtmlclipclip_image004

このボタンで、少しサイズを小さくします。
挿入・+追加をクリックし、ボールを選びます。

msohtmlclipclip_image005

ここからが難しいです。3次元なので、移動を3方向に調整しないとうまく乗せられません。

乗せた後で、周りをドラッグして回し、どの方向から見ても台に乗るように調整します。

msohtmlclipclip_image006 msohtmlclipclip_image007

めり込んでいたボールが、正しい大きさと位置で、台に乗せます。移動は、3方向です。

前から見たら乗っていても、回してみると位置がずれているのが分かります。

msohtmlclipclip_image008

位置が決まったら、shiftキィを押しながら台も選択し、右のグループ化ボタンを押します。

これで、2つの物体が連結します。修正は、グループ化を解除して行います。

台に立体文字文字を入れてみます。編集・エンボスを開きます。

msohtmlclipclip_image009

文字を入れます。日本語も入りますが、縦書きはありません。

msohtmlclipclip_image010

二重に見える文字の、奥側が実際の面に付くものです。大きさを調整します。

OKならば、〇のエンボスボタンを、やめるなら←のキャンセルを押します。

msohtmlclipclip_image011

練習のために、裏側に回して、裏にも日付を入れて見ました。

せっかく作ったので、保存しましょう。左上の三本線をクリックし、名前を付けて保存を選びます。普通の形式で保存すると、右上のようなアイコンで保存されます。

3D形式のファイルなので、開くには3DBuilderが必要です。

同じ場所から、印刷を選び、紙に印刷を選ぶと、普通のプリンターで画像として印刷できます。

3D印刷を選ぶと、ネット注文で3Dプリンターで作ってくれますが、2万円くらいします。

将来は、自宅に3Dプリンターがあって、立体が作れるのかもしれませんね。

msohtmlclipclip_image012

この画面は、×で閉じてください。3次元空間を使った、頭の体操と思って試してみてください。挿入メニューで、いくつかの立体を選んで、自分で組み立てることもできます。

pdfプリンターで印刷して、画像にしたものを紹介します。裏と表を並べました。

msohtmlclipclip_image013


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
windows10の、3DBuilderを使ってみました Win坊のパソコン用語辞典/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる